このエントリーをはてなブックマークに追加

賢く効率的にする賃貸の情報収集のススメ

進学、就職、転勤、結婚など様々な事情で、引越しをすることは多いものです。
結婚して子供が増えたので環境の良い場所に一軒家を建てたい、マンションを買いたいというケース以外は、ほとんどの場合は賃貸物件を借りることが多いと思います。
賃貸とひとくちに言っても、今ではアパートはもちろんのことマンションや一軒家など種類も豊富ですし、古い建物をリノベーションしてオシャレに蘇らせた物件などもあり、かなり選択肢が豊富になっています。
そんな賃貸の情報収集には、インターネットで大手のポータルサイトや不動産会社のHPなどで検索して探す人がほとんどかと思いますが、実はサイトには掲載されていない物件情報も多く、優良物件ほど借り手がつきやすいので、サイトには載せていないケースもよくあるのです。
賃貸の情報収集はインターネットだけではなく、雑誌やフリーペーパーなども活用して幅広く集めた方が良いでしょう。
また住みたいエリアの物件をたくさん持っている地元の不動産屋に足を運ぶこともおすすめです。
サイトなどには載せていない物件を持っているので、自分の住みたい部屋の構造や設備、家賃などの条件を明確に伝えて探してもらうのもいい方法です。
そして幅広く情報を集めて候補を絞ったら、今度は現地を下見に行きましょう。
広告の間取りには書いていないことや、実際にこの目で見てみないとわからないことはたくさんあります。
下見の際にはどんな部分をチェックしたら良いのかポイントを把握して、メモやペン、デジカメ、メジャーなどの下見に必要な道具を携えて訪れるようにして下さい。
賃貸物件は選択肢も豊富で、万が一飽きたり気に入らなければまた探すことができるのがメリットですが、できるだけ時間とお金の無駄にならないようにしっかりと選びたいものです。
そこでここでは賃貸の情報収集方法や、知っておきたい下見のポイント、情報の見方などのお役立ち知識をご紹介します。
お気に入りのいい物件に巡り会うためにお役立て下さい。
Copyright (C)2016知っておいて損なし!賃貸情報収集術.All rights reserved.